« 1000円当たった・・・ | トップページ | 明日はピアノのレッスン »

2007年10月19日 (金)

昨日のひとりまーじゃん

またかっ!!
と言う感じですが、書く前にチョッとテレビでも見ようかと思うと、そのまま寝てしまい、起きたら朝になっていた・・・というパターンを繰り返しています・・・
今日は週末!!
明日はお休みなので、徹夜でハンゲにドップリ填(は)まるかな・・・・

てな訳で第一局
Capture2
今日はなぜかカメキチ君をセレクト!

と言うか、タカリナとフラミを同時に選ぶとカメキチ君が出てきてしまい、しょうがないのでこのメンツで・・・というのが正直なところ・・・

ヤツはどうせろくなフルーツを持ってないだろうからあまり対局したくないのだが・・・

まぁしょうがない・・・

本搾礼門さんは結構いい配牌ですねぇ・・・

一盃口を狙えそうです。

で・・・
Capture3
そのまんま一盃口で和了。

リーチかけない方が良かったかな??

役牌も付いたらいいなぁ・・・と思い、「白」を待っていたのだが誰も捨てないし・・・

こういう時にダマテンにすべきだったのか??
(時すでに遅し・・・)

親の本搾礼門さんが和了ったので、もう一度第一局
Capture4
「白」が2枚になった・・・

ドラ表示牌が「白」で、あと一枚しかないはずだから、もし誰かが持っていたとしても捨てるだろう・・・

なので、とりあえず役牌狙いでいってみますか・・・




んで・・・
Capture5
エエッ!

対々和狙いに変わってるよ!!

「白」は結局捨てられないし・・・

なんて読むのか分からないけど、嶺上牌」の中にあるのかな?

今更ですが、これって何なの?

Wikipediaで見てみたら「王牌」とか、「王城不可侵の原則」とか書いてありましたが、よく分かりましぇ~ん!!

まぁでも本搾礼門さんはテンパイなので、もう一局親を務められます・・・

またまた第一局
Capture6
今回は普通に平和狙いでいいかな?

(・∀・)イイ!!

ヤオ九牌が少ないので、サッサと捨てて断幺九も付けようかな・・・






んでんで・・・
Capture7
アリャリャ!?

本搾礼門さん、和了れないじゃん!!

しか~も!!
平和は無しで、断幺九のみを狙ってました・・・

まぁ赤牌があったから、和了れたら少しはいい点数だったかな!?

フラミ、好調時を象徴するリーチ・一発・ドラで和了りました。

ヤバい!!
今日の一位はどうなるの??

第二局
Capture8
今回もヤオ九牌を捨てて断幺九狙いでいきますか・・・

なんて、今日(昨日)は少々弱気です・・・








んでんでんで・・・
Capture9
断幺九ではなかったが、平和で和了!

やはり両面待ちは気持ち的に余裕ができますねぇ・・・

「まぁどっちかが来ればいいや・・・」と思うのと、「ウッ、あの牌誰かサッサと捨ててくれ!!モシクハ 自摸りたい!!」と思うのではやはり前者の方が気分は楽ですね・・・

ドラが2枚でまぁまぁの点数になりました・・・

フラミの放銃だと思うとなおさら嬉しい!!

んでんでんでんで・・・
Capture10
第三局は配牌をキャプチャし忘れたよん・・・

結果は、タカリナが和了。

珍しく役牌で和了ってます。

どうしたことでしょう!?

なんか嫌な予感がしないでもない・・・


第四局になり・・・

Capture1_2
ん~、今回は対々和狙いかなぁ・・・

最近対々和も完成してないような気もするし、ここらで一発いきたいもんです・・・







んでんでんでんでんで・・・
Capture2_2
おっ!

フラミ、リーチ&一発&ドラです。

でも、大した点数じゃないなぁ・・・








そんな訳で今日の結果は・・・

Capture3_3
本搾礼門さん一位!!

カメキチはやっぱり弱かった・・・

次回からは外しましょ・・・








本日獲得のフルーツは・・・
Capture4_2
ブドウ2つにサクランボ一つ・・・

まぁ何となく想像していたとおりでした・・・

アァ、全部食べてもレベル8には今ひとつ足りない!!

頑張ってもっと良いフルーツを手に入れなければ!!



そんなこんなで昨日のひとりまーじゃんは終わったのであります・・・












« 1000円当たった・・・ | トップページ | 明日はピアノのレッスン »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

さてさて、アキラカに更新待ちかお前はと言われても
おかしくないコメントバカの暇人です(自分で書いてて悲しい(ぁ

>第1局
ダマテンにする必要があるのか?
そんなポイントをおさらいしてみますね。

~~~~~ダマテンにした方が良い場合~~~~~

①リーチをかけなくても役がある場合でアガリ牌が
少ない、又はアキラカに捨てなさそう牌である場合

例:「索子の5の嵌張(カンチャン)待ちで既に3枚捨てられている」
=主に断・九狙いのプレイヤーに対して危険牌に近い。
=又、ど真ん中の牌なので他のプレイヤーが
順子の材料として使用している場合が多い。
結果:3枚捨てられていて、自分のアガリ牌が
1枚しかない上でリーチをかけたところで他プレイヤーが
警戒するのでロンアガリ出来る可能性が低い


②リーチをかける必要性がないと感じる場合
例1:「オーラスで自分がダントツトップでテンパイの時」
=自分がアガればその場で1位なのでリーチをかけて
私はもうテンパイですよ。と知らせる必要はない。
→オーラスなので負けるくらいならばリーチを恐れずに強気で
打ってきて運よく高めをアガられて逆転負けする恐れアリ。

例2:「リーチをかけなくても高い手が望める場合」
=断・九、平和、一盃口、ドラ3の6役の手でリーチを
かけなくても跳満(子12000、親18000点)が確定している。
リーチをかけてロンアガリしても7役の手なので
リーチをかけようがかけまいがアガリの点が変わらない。
=何より、跳満さえアガれば逆転されにくい。
満貫でも十分リードは出来る。アガってナンボ(ぇ
=リーチをかけて、相手が警戒し結局
流局になってアガれない恐れがある。

特殊な例としては面前での役満テンパイの時等も該当。


③リーチをかけてアガっても見返りが小さい場合
例:「立直しか役がなく、ドラが1枚もない時」
=リーチをかけるということは、自分の
アガリ牌ではないツモ牌は全て捨てなければならない。
するとダマテンの時より振り込む確率が高くなる。
(リーチをかけると手が変えられないから)
自分がリーチをかけることで相手に警戒されてアガリにくい
状況の中、苦労してリーチのみという低い点をもらおうとしていて
相手が高めの手(アガれば満貫、跳満以上)ながらも
追っかけリーチをしてきて自分がその相手に振り込んだら
元も子もない!!
それならばリーチをかけずダマテンで
様子を見て、相手がリーチをかけてきたら安全牌のみを
捨てていく等で、ダマテンからイーシャンテンに戻していって
アガリを放棄して失点を最小限(流局のノーテン分等)に
抑えた方が良い。
要はハイリスク、ハイリターンならともかく
ハイリスク、ロー(?)リターンならメリットがないってことですね。


~~~~~リーチをかけた方が良い場合~~~~~

①リーチをかけてもアガリが期待出来そうな場合
例1:「アガリ牌が多く、ツモアガリが出来そうな時」
=早いテンパイの両面待ちで自分のアガリ牌を
誰も捨ててないのでアガリ牌が最大8枚と
多いのでツモアガリ出来そうである。

=萬子の1,4,7の3面待ち。アガリ牌の
種類が多いのでツモアガリ出来そうである。

例2:「リーチをかけてもロンアガリが期待出来そうな時」
=筒子の⑦の辺張(ペンチャン)待ち。しかし捨て牌に
筒子の①③⑤⑥⑧⑨がある→筒子待ちと読まれにくい。

リーチをかけて、相手は警戒しても筒子待ちはないと
考えられて筒子の⑦がアッサリ出る可能性がある。

=萬子の七の単騎待ち。しかし捨て牌に
萬子の四がある、又は四でリーチをかけた。

リーチをかけて、相手は警戒しても四が捨てられているので
四、七の両面待ちではないと考えられて
萬子の七がアッサリ出る可能性がある。

通称:スジ引っ掛けリーチのこと。
=字牌の双碰(シャンポン)待ち、又は単騎待ち。
→字牌で待つのは上記の待ちに限られる・・・数牌よりも
字牌待ちは作りにくいので字牌待ちでリーチをかける
場面が少ない。
その分、字牌待ちが出来ればアガリやすい。
又、2枚捨てられると対子のアタマにしかならないので
3枚目に限っては結構簡単に捨てられる
・・・リーチをかけても字牌の地獄待ちでアガリやすい。


②ドラが多いが役がない状態でメンゼンテンパイした場合
例:「ドラの暗刻とヤオ九牌を含む順子があり役牌がない状態」
メジャーな平和、断・九、対々和、役牌等の役がつかない。
でもドラが3枚あるので役をつけてアガれればそれなりの
点があるが、メンゼンツモしか役がつかなさそう。
立直という役をつければ、ロンアガリも出来る。
(出来るだけ待ちのアガリ牌も多い方が望ましい)


③相手が非常に警戒しやすい状態で
アガれなくても1人テンパイが望めそうな場合

例1:「カンされていて、ドラ表示牌が増えている時」
=安い手でも待ちがそれほど悪くなかったりするならば
リーチ独自のルールでメリットである「裏ドラ」に
期待する方法。
単純に裏ドラが乗る確率が倍になる。

例2:「自分が親の時」
安い手でも、アガることが出来れば子の状態よりも
約1,5倍の点を取得出来る。結果:③のケースの
場合はハイリスク、ロー(?)リターンになりにくい。


・・・長々と書いたところで第1局は
待ちは「白」という字牌もあって、どちらかというと
アガリやすい状態である上に、親なので役がそれなりに
揃えば高い点になるのでリーチをかけて正解だと思います。

・・・長すぎるのでいったん分けます;;

>嶺上牌、王牌
こういうコンピューターゲームだと自動で配牌も
手に入る状態から始まるのでピンとこないと思います^^;;
実際にやってみれば自分の手牌を揃えたり、ツモ山を自分達で
揃えて作成したり、ドラをめくる際に嶺上牌、王牌を触ったり
自分達で操作するのでわかるんですが・・・

とりあえず、第1局1本場の部分で横から見た図で書くと・・・

□□白□□□□
□□■□□□□

となります。白がドラ表示牌(ドラは發となりますね)
■が裏ドラ牌ですね。この内

□□←白□□□□
□□←■□□□□

矢印のある4つのが嶺上牌です。
嶺上牌は、前にも説明して書いたように(リンシャンハイ)と読んで
カンした時に補充する牌のことですね。順番的には

①③白□□□□
②④■□□□□

の順番だったと思います・・・(たぶん)
実際、④の嶺上牌については4回もののカンが必要になって
なおかつ四槓子テンパイではない限り四槓流れで
流局してしまうので(ルールを採用していなければ別ですが)
触ることは滅多にないかな。ちなみに嶺上牌でアガリの形に
なれば嶺上開花の役です。前に書いたと思いますが。・・・では

□□白→□□□□←
□□■→□□□□←

矢印のある8つのは何かというとカンした時に追加されるドラです。
厳密に言えば、上の段が槓ドラ、下の段が槓裏ドラです。
表示する順番としては

□□白①②③④
□□■□□□□

です。表示された槓ドラの下の槓裏ドラは
誰かがリーチをかけてアガった場合のみ
めくられます。槓裏ドラというぐらいなので・・・

実際にどういう動きになるかというと

□□白□□□□
□□■□□□□

の状態で誰かがカンをして、1枚目の槓ドラが東とすると

空□白東□□□
□□■■□□□

となり、嶺上牌を1枚ツモられるのでその場所だけ
空欄(なので空の文字)になります。
さらにまた誰かがカンをして、2枚目の槓ドラが筒子の⑤とすると

空□白東⑤□□
空□■■■□□

と・・・なっていきます。■は誰かがリーチをかけて
アガった場合に裏ドラとしてめくることができます。

それでこの

□□白□□□□
□□■□□□□

7つ×2列の14つの牌の塊を王牌
と呼ぶそうです。(私も知らなかった)

簡単に書くとカンした時にツモを行うところの牌が嶺上牌。
その嶺上牌とドラ表示牌と裏ドラを寄せ集めたものが
王牌ってとこかな。よくわからなかったら
実際に雀荘とかへ出向いて教えてもらってください(チョットマテw

「王城不可侵の原則」についてはチョットワカリマセン。
んでんでんでんで・・・を聞くと武勇伝!武勇伝!って
言ってるオリエンタルラジオを思い出す

嶺上牌=リンシャンハイですか・・・
そういえば前に読んだような気も・・・(オイオイ
中国語は難しい・・・(ソウイウハナシジャナイシ・・・

ダマテン、分かったようでいて、実際の対局中は常時テンパッテいる本搾礼門さんなので「アレッ!こういうときはどうすれば・・・」なんて思ってしまいます。
今回のコメントを肝に銘じ、次回の対局につなげたい!!(ゼヒ!

活字大好きの本搾礼門さんとしては長~いコメントは大歓迎です。
本搾礼門さんにとっては一種のentertainmentですから・・・

これからも期待しています。
よろしく・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/148553/8508561

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日のひとりまーじゃん:

« 1000円当たった・・・ | トップページ | 明日はピアノのレッスン »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ