« 本棚にあったペルシア語辞典を | トップページ | 本日の一曲 »

2006年9月 3日 (日)

サトイモ科観葉植物を育てる

のが好きな俺・・・
サトイモ科というだけあって茎や根に水分や栄養を蓄える性質があるので、
そんなに肥料を上げなくても結構丈夫に育ちます。
そんな中で一番のお気Dsc00009_1に入りは・・・  
フィロデンドロン・セローム  です。
最近はずっと部屋の中に入れたままだったのでチョッと元気がない・・・
あるいは肥料やりすぎ??

生命力旺盛なので、子苗からでもすぐに大きくなりますよ。


Dsc00010 こちらはフィロデンドロン・クッカバラ 

こちらは明らかに肥料あげすぎたみたい・・・
今養生中。
もっと葉がピンと立つのがいいんですけどね。
これも栽培容易ですね。


Dsc00011 これはスパティフィラム

花が咲いてないのが残念ですが、斑入りの葉なので、
観葉植物としてはまぁOK??




Dsc00012 これはフィロデンドロン・ウェルコスム(??)

「マレービューティー」という品種なのですが、属名が分かりません。
レモンイエローの葉がきれいです。
でもなんか頼りない感じだなぁ・・・



Dsc00013 これはシンゴニゥム・ウェンドランディー
まだ幼苗なのでシンゴニゥムの特徴的な矢尻のような葉型にはなってないですね。
まぁ買ってきたばかりなんで・・・





Dsc00014 これはおなじみポトスです。
品種名は「マーブルクィーン」
緑地に白の斑がとても涼しげですね・・・




     

Dsc00015 これは種から育てた、モンステラ・デリシオサです。
ようやくモンステラらしい、葉の切れ込みが入りはじめました。
この品種の果実はバナナとパイナップルを併せたような味で
メチャメチャ美味しいらしい・・・
だから「デリシャス⇒デリシオサ」って言うんだって・・・
でも2年でこの大きさだから実が付くにはあと何年かかるかな?
しかも実がなっても熟すまでに1年も掛かるんですと・・・

あとタネだけだけど、アロカシア・オドラって言う、いわゆる「クワズイモ」も持ってます。
もし欲しい人がいたら連絡いただければお安く譲りますよ。
5粒・300円ぐらいで・・・^^

他にも野草やら、ランやら、シダやら色々あってベランダはジャングルのようです。
ホント水遣りが大変な毎日です・・・

より簡単で確実にふやせるさし木・つぎ木・とり木―必ず成功する樹木・観葉植物・草花のふやし方 より簡単で確実にふやせるさし木・つぎ木・とり木―必ず成功する樹木・観葉植物・草花のふやし方

著者:矢端 亀久男,高柳 良夫
販売元:日本文芸社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

心地いいグリーンのインテリア―Home ideas 心地いいグリーンのインテリア―Home ideas

販売元:世界文化社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

« 本棚にあったペルシア語辞典を | トップページ | 本日の一曲 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/148553/3303033

この記事へのトラックバック一覧です: サトイモ科観葉植物を育てる:

« 本棚にあったペルシア語辞典を | トップページ | 本日の一曲 »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ